学校の先生になりたい!

教員採用試験の合格マップ

都道府県別データ

【教員採用試験】《京都府》個人面接質問の出題傾向や対策のまとめ。1次試験で個人面接ありの校種も

投稿日:

面接
京都府教員採用試験で実施される個人面接対策集。質問の出題傾向、過去に出題された質問内容、知っておきたいキーワードなどをまとめてあります。( 京都市を除く)

個人面接の実施時間・試験官の人数など

京都府の個人面接の実施回数は校種によって異なります。

【面接1次試験】

校種:小/特/現職教員/スペシャリスト特別選考
時間:15分
試験官:2人(過去参考)

【面接2次試験】

校種:全校種共通
時間:およそ20分
試験官:3人(過去参考)

校種や選考枠によっては個人面接が2度実施される理由は何でしょうか。

一つ理由をあげるとするならば、小学校や特別支援学校は中学や高校とは異なる専門性が必要だからです。小学校と特別支援学校では、子供との関わり方が教科指導以外でとても大きいのです。

加えて、年齢幅が6年間の小学校では発達段階の違いが顕著であり、学年ごとに適した指導力、資質や能力、また特別支援では、個別に適したより専門性の高い指導力や支援を必要とされます。そのあたりの力量をみるために、他校種と比べて個人面接の回数が多い所以なのではないでしょうか。

また、現職教員については、即戦力人員としてどれくらいの腕をもっているのかを見られる試験なのであろうと思います。これまでの現場経験がどのように京都府へ生かされるのかが評価の観点ですね。

スペシャリスト特別選考枠の受検者に対しては、その専門性が教育活動にどう生かされるのかが問われるところでしょう。

質問内容の出題傾向は?

京都府の個人面接における質問内容の出題傾向ですが、

・面接導入時のウォーミングアップ的な質問
・環境教育
・キャリア教育
・教員の仕事内容についての教育的意義

など、机上では決して学べない問題から深く掘り下げた内容にまでおよび、多岐に渡って多数出題されます。

また、京都府に纏わる質問内容も多いです。

歴史と伝統のある地域であることはいうまでもありませんが、他府県とは異なる地域性や独自の文化を教育にどう生かして継承していくのか、また受検者が(特に他県在住者)が京都府の魅力をどのように感じて、自分の思いをどう教育活動に活かしていくのかなどもポイントとなります。

知っていると役立つキーワードとは?

京都府の教育活動の中で、注目するべき内容を取り上げました。

①「子どものための京都式少人数教育
義務教育9年間を子供や生徒の発達段階や実情に合わせて、ティームティーチングを取り入れた1人1人にあった指導を施す取り組み。
②「京都府教育振興プラン
京都府の教育理念を元に策定されたプラン。めまぐるしく変化する社会情勢にも対応できる力を身につけさせることを目的に、10の重点目標と40の教育施策打ち出された。

受検地の教育活動への理解は、面接試験で必ず生きてきますよ。
興味のある政策を取り上げ、自分の強みや経験を織り交ぜた独自の教育活動などを語れるようにできるといいですね。

個人面接の質問内容

京都府の個人面接において過去に出題された質問内容です。

・今の気分は。昨夜はよく眠れたか。
・待ち時間に考えていたことは。
・採用試験に際し、どのように取り組んできたか。
・なぜ教員になりたいのか。
・教員なった暁にあなたが採用校にどんな効果は何か。
・他の自治体は併願しているのか。また、なぜ京都府を受検するのか。
・京都府の教育について何か知っているか。
・京都府ならどこでも勤務可能か。
・(京都在住者以外に)京都の何が好きか。
・京都府の教育政策について知っていることを述べよ。
・京都式少人数教育について知っているか。
・京都の伝統文化を教育にどう組み込んでいったら良いか。
・何をしている時が楽しいか。
・学生生活で挫折から学んだことはあるか。
・友達からよく相談される方か。
・教育実習から学んだことは。
・今自分に何が足りないと思うか。
・(社会人経験者に対して)今、以前はどんな仕事をしていたか。
・(社会人経験者に対して) 退職予定報告を聞いた同僚の反応は。
・(講師経験者に向けて) 学校が一番気をつけなければならないことは何か。
・(他府県現職者に向けて) なぜ京都府を受けることになったのか。
・今、学校が抱えている大きな悩みはなんだと思うか。
・経験のない部活を受け持つことはできるか。
・地方公務員法について思うことはありますか。
・自分の考えを伝える力を伸ばすにはどうしたらいいですか。
・教育公務員として、普段から気をつけることは何か。
・(民間企業経験者に対して) 前職を辞めてまでなぜ教師になりたいのか。
・自分のクラスの子ども/生徒に身につけてほしい力とは何か。
・新学習指導要領について思うことを述べよ。
・小中学生の携帯所持についてどう思うか。
・最近の教育ニュースで気になっていること。
・防災教育・安全教育について効果的に学ぶ方法を述べよ。

京都府の面接試験の質問内容は「京都府府政情報センター」でも1部公開しておりますので、参考にしてみてくださいね。

以上、京都府教員採用試験の個人面接における対策のまとめをお届けしました。

-都道府県別データ

Copyright© 教員採用試験の合格マップ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.