学校の先生になりたい!

教員採用試験の合格マップ

都道府県別データ

【北九州市教員採用試験】個人面接対策のポイント。教育課題や求められている資質への理解が大切

投稿日:

個人面接試験

北九州市教員採用試験の2次試験で実施される個人面接対策のポイント。教員に求められ期待されている資質や過去に出題された質問内容をお届けします。

個人面接実施時間・試験官人数

北九州市の2次試験における個人面接では、

校種:全校種共通
時間:15分(過去参考)
試験官:3人(過去参考)

で実施されます。(過去を参照にしたデータですので、今年度は内容に相違があることもあります。参考程度になさってください。)

北九州市の教員に求められ、期待される資質とは

○地域への深い理解と愛情
○培ってきた知識、技能、同僚性のある教育環境の土壌に立ち、常に視野を広げ、新しいことに挑戦する姿勢
○児童生徒に寄り添う姿勢と人権尊重の精神

2番目の項目にある同僚性とは、簡単に言うと、教育活動をするもの同士が支え合い、意見交換を通して意思疎通をはかり、より教育活動を高め合っていく関係ということです。

それぞれの項目を漠然と捉えるだけでなく、自分の言葉で説明できるぐらい読み解いておくといいですね。

例えば、

地域への深い理解と愛情→北九州市の抱えている教育問題や教育の実情とは。特色ある教育内容とは。北九州市の好きなところは。

視野を広げる→視野を広げるとはどういうことか。やり方は?

児童生徒に寄り添う姿勢とは→自分なりのやり方は?

求められている資質、期待される資質を自分に当てはめて考えることは、自分のことを見つめ直すことになり、面接時の質問の答えのヒントにもつながりますよ。是非考えてみてください。

北九州市の教育の実情に深い理解を!

北九州市がおかれている教育の実情を知りましょう。

現行プラン「北九州市子どもの未来をひらく教育プラン」 は平成31年度3月で終了。本年度の6月には、次期プランの素案が策定予定で、向こう5年間が対象です。

北九州市の教育の現状、教育課題、北九州市の目指す教育の姿、今後の方向性など自治体への理解を深めて面接試験に臨んでください。

面接の質問内容

北九州市の採用試験で過去に出題された質問をまとめました。

・自分のどんなところが教師に向いていると感じているか。
・ボランティア経験があるか。内容は。することになったきっかけは。
・特技はあるか。どんな風に教育に生かすことができるか。
・いじめを助長する要因はなんだと思うか。
・なぜ、いじめはなくならないのか。
・北九州市を受験する理由。他県との併願状況は。
・なぜ、教員になりたいのか。
・部活をする上で、最も気をつけなくてはならないことは何か。
・どんな部活でも受け持ち可能か。
・部活経験から学んだことはあるか。
・もし、学生に戻ったら、なんの部活をしたいか。なぜか。
・(現講師の受験者に対して)在職している管理職から、教採についてのアドバイスなどをもらったか。
・(現講師の受験者に対して)教採に関しての相談ができるような人がいたか。
・(現講師の受験者に対して)受け持ちクラスで苦労していることはあるか。
・紹介したい本はあるか。どんな本か。
・朝読書の時間を設けている学校が増えているが、子供や生徒にどんな効果をもたらすと思うか。
・読書は大切だと思うか。それはなぜか。
・あなたが読書をするときは、どんなときか。
・放課後、外出せずに読書しかしない子供/生徒に対して保護者から相談を受けたらどう答えるか。
・教育ニュースで印象に残っていることはあるか。それは何か。
・現代の子供と自分の子供時代を比べると明らかに変化したと思われる点は何か。
・子供時代のエピソードがあるか。
・学生時代の一番大きな出来事といえば何か。
・挫折経験。そこから学んだことはあるか。
・他県に住んでいながら、今なぜ北九州市を受験するのか。
・教員になったら職務中、絶対にやりたいことはあるか。
・あなたの長所を教育に生かすとしたら、どんなことか。
・保護者からのクレームで想定されることといえばなんだと思うか。
・保護者からのクレームをできるだけ避けるためにやるべきことはなんだと思うか。
・勉強する理由を聞かれたら、どう答えるか。
・あなたはリーダー的素質があるか。どんな人がリーダーに向いていると思うか。
・子供と向き合うためには教員自身も休養が必要だが、現状についてどう思うか。
・10年後に、公立学校はどのように変化していると思うか。
・教員の休職者があとをたたないが、その理由について答えよ。

同じ県にもかかわらず、「福岡県」「福岡市」を受験せずに「北九州市」を選んだ理由は必ず明確に答えられるようにしておきましょう。

以上、北九州市教員採用試験で実施される個人面接の対策のまとめをお届けしました。

-都道府県別データ

Copyright© 教員採用試験の合格マップ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.