学校の先生になりたい!

教員採用試験の合格マップ

基本

教育実習について知りたいアレコレ。実習日誌を大切に!

投稿日:

黒板
教育実習について、そのやりがいなどについてまとめました。教育実習を終えた後に書いた実習日誌の総括について紹介しています。

先生を目指す人は誰もが経験する教育実習。

教育実習は、初めて先生(子どもにとっては立派な先生です!)として学校現場で生活できる素晴らしい機会です。

今までは、机上でしかなかった教育観というものが、生身の生徒達と接することで、ようやく「これが教師の仕事なんだなぁ」と実感を帯び始めてきます。

そして、全ての人にとって、その学校での実習は一度きりです。その一度きりの経験は、今後の教師生活を大きく左右すると思います。

大学生の頃、大学の「教職通信」という機関誌に私の教育実習総括(実習ノートの1ページ)が掲載されてしまいました(汗)

お恥ずかしい文章ですが、実習のイメージが少しは伝わると思うので、以下に載せます。

教職を唯一の目標とする私にとって「教育実習」というものは一種の憧れであり、同時にとても大きな存在であった。そんな教育実習が一昨日をもって終了してしまったという事に対して、何か不思議な感じをを覚えると同時に、やり遂げた事に誇らしげな気持ちを隠せないでもいる。

教育実習生、それは半分生徒で半分先生(英語でもStudent teacher)という経験をすることが出来たこと、初めて生徒としてでは無く、「学校」という場で生活が出来たこと、本当に有り難い経験をさせて頂いた。その中でも、生徒達との触れあいが何よりも貴重であった。教育実習の中でもこれが一番楽しかった。ホームルームの歌声の時間で、自分自身そんな上手ではないのに、偉そうに指導をしたり、昼食時、何か共通の話題を探りながらも、楽しく会話をしたり、休み時間、男子とムキになってバレーボールをしたり、放課後、バスケット部の練習に生徒と一緒になって参加したりと、生徒のみんなに支えられながら2週間、背筋をのばして堂々と過ごすことができた。3組のみんなと毎日交換した「個人ノート」だが、これを読む時間は本当に楽しくて、一つ一つ、プレゼントの箱を開けるようにして読んだが、それは実際にプレゼントであった。これによって、生徒一人一人の興味や関心、性格、現在の心情などを察することができたと思うが、何より、私が出したテーマに沿って一生懸命書いてくれたことが嬉しかった。更には、授業実習のアドバイスも教えてくれたし、私の授業の客観的な感想を聞くことができたのは、個人ノートならではだっただろう。

授業実習であるが、例えば同じ授業を複数のクラスにまたがってやるにしても、ばらつきが感じられたりしたこと、若干アドリブに任せてしまった事がやはり今でも気になっている。授業実習後、毎回A先生(指導教諭)から頂くご指導はこの上なく貴重なものであった。自分では決して気付かないであろう問題点を一つ一つ丁寧にメモして頂いたり、状況にあった的確なアドバイスを頂けたりと、私は指導を受けて反省すると同時に、次への自信にもなった。もう、自分の授業について指導を頂くということは滅多に無いであろうから、この度A先生並びに研究授業に脚を運んで頂いた多くの先生方から頂いたご指導はしっかりと頭に入れて、今後、授業をする上での基盤にしようと思っている。多くの先生方のあのお言葉のおかげで、自信がついたと感じている。良いスタートが切れたと思う。後押しをしてくださった先生方、生徒のみんなに感謝したい。

実習そのものは多くの実を実らせて終えることができた。しかしながら、期間中一番苦労したのは教案作りであった。特にティームティーチングの授業案は作り上げるのに時間がかかり、実際の授業も思うようにいかなかった。また、この2週間で自分の事務処理能力の無さというものを痛感させられた。部活動終了後、職員室にて、教案作り、日誌作り、授業のプリント作成などをやらせて頂いたのだが、いつも時間が遅くまでかかってしまって、A先生にはご迷惑をおかけしてしまった。いつも最後までつき合ってくださったK先生にも頭が上がらないでいる。いつか、あんな事もあったねと笑いとばして頂けるよう、教師に見合った事務処理能力を身につけようと思う。

この2週間、「さぁ頑張るぞ」などと自分で気張っていたが、結局、夕方までは生徒から活力を分けてもらい、夕方からは職員室で先生方から励まされて実習を送ることができた。私はつくづく幸せ者であると思う。実習を終えて、改めて教師への志を強くすることが出来た。天職は教職だと確信した。少なくともそう信じたい。来月の採用試験に向けて全力で頑張ろうと思う。F中の生徒のみんな、先生方から頂いた情熱に応えるためにも。(了)

-基本

Copyright© 教員採用試験の合格マップ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.